Luxury&precision LP6 Ti レビュー:売価60万!私の理解を変えたの極致の音



日本は伝統的な文化を大事に守っている国ですが、宗教保護についても気になります。でも私の知り合い人の中にキリスト教を信じでいる人はいません。さすがにこともから学校が伝統の文化教育を受ける、この“独立性”は西洋化国家の中で珍しいです。

私は無神論者で、しかし私の好奇心は強いですから、こともの時から両親はいつもこよううことを言いました。強烈な好奇心は私に色々な神様と宗教に関連する本を読んでました、その中は“聖書”を含いてます。

しかし“sins of omission“は”行動なしの罪“として、そのできたができなかったこと、過去を考える時に、これらの記憶はよくあなたを阻止する存在になります。このように、友達のもつれる時私はいつも直接に買って来ます

今日の話は私今まであった物の中で一番高いやつ:中国ブランド“luxury&precision”の最新作と限定生産品ーLP6TIです。これは日本国内のまだ発売していないLP6の限定版で、中国で199台だけ売ります、私は中国の友達を頼んで曲折を何度も経て買って手に入れるのでした。価格はやく60W円ですから、とても驚異的な数字です。1.jpg
それの感触は完璧にluxuryとprecisionを解釈するです。私のIRIVER SP1000(ステンレス)とソニーWM1Zに比べてすべて来るのが強いと思います。ギャップが明らかです。現在のところのポータルプレーヤーで最も高い価格と最もトップの音質です。

DMP―Z1のサーズは大きいすぎで、私の理解して“ポータル”と違うから、しばらく評価をしません。

香り”十分の包装

EMSの厳密な包装に感謝したいと、分解する時多くの力を使いました。外には薄い包装紙で、正面はブランドlogo、背中が本体のSNコードと連絡方法。カートンの内部は“香り”の出所——LP6Tiを含む木箱です。2.jpg

木盒の技量はとても良くて、磨き上げる表面少しもすきまがないをの売り払いて、触感は一流と思います。本体の下はIntelのlogoを貼るので、私達はよくパソコンで見ったことがあって、LP6Ti使うFPGAチップはIntelから技術サポートを得たのであるようで、多分これはINTELステッカーの来由です。HIFIプレイヤーの中でこれは初めであるようです。4.jpg部品は非常に簡単で、説明書は、typeCケーブルと3.5mmから6.35mmのアダプターだけです。5.jpg
派手な木と近代的なチタン金属
6.jpg
本体はそんなに重くありませんて、チタン金属の密度は小さいとの大量に木を使うことあるべきです。これがどんな木を知らないで、これはとても面白いと思って、私の知っているは日本の大部分の木材はすべて中国へ輸出して、あれらの木材はここに用いたのではありませんか?
7.jpg
上ののlogoは非常にぱっとしないで、最も注目されたのはその王冠形の音量つまみで、音量のつまみ減衰感が思ってより少ないから、好きになります。とても浮き浮きしているが私に不安性を感じます。
8.jpg
下はtype―cのインターフェイス、SDがスロットと同軸アダプターです。でも3.5mmのLOポート、4.4mmのバランスポートと6.5mmのpoポートの順列は奇妙なんで、その他のプレーヤーの並ぶ形式と違います。一般的にこんなう形式は使えないと思いす。9.jpg10.jpg
ボタンは目下の習慣によってプレイヤーの左側で、このように私の右手に持って握る時更に便利です。ボタンは電源、“前/早送り“、”タイムアウト/放送”と“次/早戻し“この4つだけです。
11.jpg
LP6Tiはすばらしい木材を使うが私にしきりにほめさせます。くるむのはプレイヤーの背中と側面の木材は木片全体から彫られています。こんなに薄いの状況でさらに一体性を保証するは本当に“precision”をよべられます。12.jpg

HI-ENDの声

音楽は本当に不思議なもので、誰もがそれについての理解は違います。 luxury&precisionブランドの創設者はまた、colorfly C4と呼ばれポータルプレイヤーを設計した、中国のWan Pengという名前の発明者でした。13.jpg
LP6TはソニとIRIVERの区別があってと、OSではなくで、それ使ったのはもっと古いOSだった。ソニーとIRIVERのガストムのAndroid OSと違って、しかしLP6TIはプレーヤーとして合格と思って、操作はなめらかだと言えます、基本的なUI保障があります。
14.jpg
LPとソニー、IRIVERnumberの違うはこのブランドの音楽について異なる理解です。この“異なる”は絶対的な善し悪しではなくて、あなたがこのようなスタイルが好きなのではありませんかを見るのです。15.jpg16.jpg
私始めるから言ってとして、LP6Tiは私今まであっだの最も高いと最も良いプレーヤーでした。温室を除いて、SP1000、WM1ZとLP6Tiのギャップはあるものです。

第12、13あばらの骨と骨の隙間の筋肉の横断面の牛肉は有名です。この部位の牛肉はおいしくて美しいです。筋肉の筋模様が明らかなため、肉と脂肪の境界線は現れて大理石の紋様になります。LP6Tiの音はこの形で、音の分解度はとても優秀です。

それの現れた楽器は決してに“味”は混ぜませんが、SP1000でもクラシックを現れため、焦げる感じも過ごしあります。LP6Tは綿密にすべての器楽を固定することができて、それらの音色を区分します。それぞれの下で落下点、こだま、起承転結はすべて十分に処理させます。

音域の弾力性が十分で、私に手つくりの魚肉団子の感覚をあげて、それぞれの弾力をかじます。濃厚でまたさわやかで、これが中音域の感覚です。6.35mmポートは濃厚の昆布スープのようで、自然な味でも風味が十分です。

4.4mmバランスポートはさわやかでで、普通なニギリ寿司のようで、普通な酢ご飯だけて、しかしその酢ご飯と他にはちがって、簡単にはそれが材料を配合するのと最も良い米を使ったようだと言って、だから作りだす寿司が全然ちがいます。私を知っているのLP6Tiは制限する199台の原因は部品に対してとても重んじて、合格の部品が少なすぎてそのために量産することができませんでした。

LP6Tiに関してほとんどこれぐらいを言いました。それは私あったの最も高いプレーヤーで、音質も私の聞いたまで最も良いのプレーヤーです。技量がすばらしくて、全体が派手で、あまり調和がとれていないのはOSシステムです。SDカードの支持について非常に悪くて、私のSDカードはすべてフォーマットしなければならないで、でもそんなことはその卓越性を妨げません。

それは私をluxury&precisionこのブランドに対して興味あって、現在のところで日本国内で売っていた製品は5種類があって、売価も違います。この文章を書く時、私すでに選んでのはもっと安いのL4で、その中級品を見てみたくてまだこのように“個性が十分だ”に見えるかどうか、もしも予想外に出ないで、次のレビューはあれだ。

この記事へのコメント